◇プロフィール&当ブログ「それいけ股義足」について
  ◇義足についてはこちら→義足
  ◇その他興味があることはこちら→雑記
  ◇お問い合わせはこちら→お問い合わせ
  ◇よく読まれている記事はこちら
  ◇Facebookページはこちら

ミュシャ展行ってきました。美術館・博物館がお出かけに使える5つの理由。

国立新美術館で開催中のミュシャ展に行ってきました。

スラヴ民族の歴史を20枚の油彩で描いた超大作「スラヴ叙事詩」。

作品は大きいもので縦6メートル横8メートルと圧倒されるほどのスケールで、展示風景の様子をみると、どれほど巨大な作品なのかがおわかりいただけるかと思います。

美術や芸術に詳しいわけでもないのですが、美術館や博物館に出かけるのは大好きです。

敷居が高い…と思われるかたもいらっしゃるかと思うのですが、実はお出かけスポットとしてとっても使い勝手がいい。

その理由を、今日行ったミュシャ展も例としながらご紹介します。

ぜひお出かけのする際の選択肢として、美術館・博物館も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

01. 天気・季節に左右されない

今日は結構な雨でした。

でも、基本屋内な美術館や博物館では雨が降ろうが風が吹こうが天気の心配はありませんし、暑い夏だろうが寒い冬だろうが、季節も関係ありません。

いつでも快適、安定のコンディションで楽しむことができます。

これってお出かけスポットとして大きなメリットだと思います。

02. 自分のペースで楽しめる

テーマパークなどでは、何十分とか場合によっては何時間単位で並んだりするじゃないですか。

美術館や博物館では混んでいたりすることもありますが、基本的にあまり待たされたりすることはありません。

なので、次の予定の時間に合わせてさっと見ることもできれば、逆に時間があればじっくりと時間を掛けて観ていることもできるし、自由に自分のペースで楽しむことができます。

自分は時間をかけてじっくり回るのが好きなタイプ。

美術館とか放っておいたら半日でも一日中でも過ごしてられそうです。

今日はかなり混んでいた部類でしたが待ち時間はほとんどなく、また特に予定もなかったので、ミュシャ展だけで3時間ぐらいかけてじっくり楽しむことができました。

03. 自分なりに楽しめる

美術館ってハードルが高いように思われるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

自分なりに楽しめばよいんです!

実際私だって芸術的なセンスなんぞ持ち合わせていないタイプだと自認しています。

作品や解説みて「すごい!」だったり「なるほどー」だったり「意味よくわからないけどなんかすごい」だったり「やっぱよくわかんない」だったりです。

それでいいんです。

難しく考えず、自分なりの感じ方で。

ちなみにミュシャ展は作品が圧倒的なスケールで、率直に「美しい」と感じられるものだったこと、歴史を題材にしていてわかりやすかったので、「スラヴ叙事詩」をはじめとする作品群の力だけで十分に楽しむことができました。

また、おすすめの楽しみ方がミュージアムショップ。

美術館のミュージアムショップって独特のセンスあふれる品揃えで、見ているだけで楽しくなってきます。

今回はミュシャ展のクリアファイルをゲットしました。

04. 学べることがある

今回ミュシャ展に行くことにしたのは、作品のスケールを知って「これ見にいきたい!」と思っただけです。

はっきり言って作品を見るまではミュシャがどんな画家だったのかも、どんな作品なのかもぜんぜん知りませんでした。

けれども、作品や解説を見るうちにミュシャの人物像や、「スラヴ叙事詩」がスラヴ民族の歴史を描いたものだということがわかってきて、こういう歴史をたどっていって…ということを学ぶことができました。

作品には作成された時代の背景や作者の思い、取り扱われているテーマが凝縮されています。

そういったことを学ぶことも楽しみ方の一つです。

ミュシャの場合、パリで成功をおさめていながらそこから一歩退き、晩年は自分のルーツであるスラブ民族の団結のために超大作「スラヴ叙事詩」の作成に取り組みます。

その熱い思いだけで、「ミュシャカッコいい!」ですよ。

パリで人気をおさめていた女性の美しさを描く作風と、晩年の「スラヴ叙事詩」およびそれに繋がる写実的な作風はまったく変わっています。

また、「スラヴ叙事詩」は作成開始から完成までの間に社会の情勢は変わってしまい、ミュシャの思いもむなしくほとんど公開されることなく、80年もの間眠っていました。

それが公開されるようになったのが2012年、ごく最近のことです。

数奇な運命をたどってやっと評価されることになった「スラヴ叙事詩」。

よかったね。ミュシャさん。

05. ネタ切れしない

美術館・博物館ってめちゃくちゃたくさんあって、その企画展なども含めると常時見るところはいくらでもあってネタ切れすることがないです。

お出かけのネタに困ったら美術館。

展覧会を探すアプリもあるので、ご利用してみてはいかがでしょうか。

(※以下リンクにはandroidアプリもあります)

展覧会(美術館・博物館)を探す おすすめアプリランキング | iPhoneアプリ – Appliv

美術館に出かけよう、楽しもう

いかがだったでしょうか。

ちょっと敷居が高いと思われそうな美術館・博物館ですが、実はお出かけにとっても使えるんです。

美術が好きな人も、そうでない人も。

お出かけのする際の選択肢として、美術館・博物館も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

自分なりの方法で美術館・博物館を楽しんでみてください。

ちなみに今回のミュシャ展、自分にとっては大満足でした。

6/5までなので、興味のあるかたはぜひ。

それでは、また。

(Visited 62 times, 1 visits today)