資産運用はじめて5年。破らないと決めてる自分なりの5つのルール。

5年ぐらい前から、資産運用はじめました。

考えはじめたきっかけは、「利息ほとんどつかない銀行口座に、日本円だけで持ってるってじつは危ないんじゃない」と思ったから。

インフレとか円安になると、同じ金額でも価値は下がっちゃうし。

そこで、いろいろ本読んだりして資産運用をはじめてもう5年になるんですが、素人の自分なりに破らないと決めてるルールがあります。

当時いろいろ読んだけど、できあがったルールの基本になってるのはこの2冊。ちょっと古い本ですけど、考え方は変わってません。

こうしてできあがった素人の自分なりに破らないと決めてる5つのルール。

自分の覚え書きもかねて残しておきます。

01. 無理な投資はしない。余剰資金で。

まず、手元に貯金があるからってそれをいきなり全部突っ込んだり、生活費を圧迫するような投資はしません。

あくまでも余裕のある資金の範囲内で、最初はごくごく少ない金額からはじめました。

あくまで自分は素人、小さくはじめます。

銀行預金は少しずつ減らして投資の割合を増やしてきていますが、それでも全額を投資に回すことはしないでしょうね。

なにかあっても対応できるだけの現預金は残しつつ、その範囲内で考えています。

02. 素人であることを忘れない。ハイリスク、ハイリターン厳禁。

よく「株で1億円!」とか「FXで1億円!」とかよく見るじゃないですか。

儲ける人は中にはいるんでしょうが、ハイリターンを得られるってことはそれだけリスクが高いってこと。

個別株なんてプロが生活かけてガチで運用してたり、コンピュータで自動取引とかされている世界で素人の自分が真っ向から勝負したって勝ち目はなく、カモにされるだけ。

FXも同じようなもので、ギャンブルだと思っています。

実はちょっと個別株に手を出したこともあったんですが、見事に損しましたね。

大きな金額ではなかったので、小さく負けて授業料を払ったぐらいの感じですが、この小さな失敗があったからこそ、素人がまともに戦っちゃいけないと肝に命じることになりました。

素人がハイリスク、ハイリターンを狙っちゃいけない。

03. 分散、とにかく分散。

「卵を1つのカゴに盛るな」っていろんなとこで言われます。

卵を1つのカゴに盛っておくと、カゴ落とした時に卵全部割れちゃうから、たくさんのカゴに卵を少しづつ分散して入れておきましょうってことで、素直に従ってます。

カゴっていうのは1つの国や地域、1つの企業、1つの商品などにあたります。

つまり、世界中に分散して、株式や債権、不動産、金などの商品も分散して投資する、というのが基本スタンスになります。

そんなの自分でやってたら手間がかかって仕方ないので、こんな感じでそれぞれの投資信託に分散してます。個別のものではなく、指数に連動するインデックス投信しかやりません。

・日本株
・日本債権
・先進国株
・先進国債権
・発展途上国株
・発展途上国債権
・不動産
・金

こんな風に分散しています。また、この割合はそれぞれ価値が上がったり下がったりで変動するので、自分で決めた一定の割合になるように半年に1回ぐらい調整します。

また、分散は投資する対象だけではなくて、時間的にも分散することが大事。

ドルコスト平均法ってやつですね。

相場は景気によって上がったり下がったりしますけど、自分は長い目で見れば世界は成長していくと信じていて、その間分散して一定額を投資し続ければ、長い目で見ればプラスになるということです。

具体的には自分は20〜30年ぐらいの期間で考えていて、世界中のいろんな商品に分散できる投資信託に、月々一定金額ずつ、自動で積み立ててます。

ちなみに、長くやればやるほど効果があるので、早く始めるのにこしたことはありません。

もっと早くからはじめていれば…という気はしますが、30台半ばで気づいてよかった、としておきましょう!

04. 手間をかけずにほったらかしでできるもの

仕事もあるし、他にやることはいくらでもあるのに、「いくら上がった!」とか「下がった。どうしよう!」とかいちいち一喜一憂してられないし、そんなの精神衛生上よくないです。

だからあくまでほったらかし、手間をかけずにできるものしかやりません。

今は毎月一定額ずつ自動で投資信託に積み立てなのでまったくほったらかしで、今いくらかなんて見ないですし、半年に一回バランスを見直すぐらいしか手間がかかってません。

05. 手数料可能な限り安く

手数料って少ないように思えて、20〜30年の長期で投資を考えた場合には大きく響いてきます。

そもそもリスクをとって高いリターンを狙っているわけではないので、コストを低く抑えることは大事。

0.数パーセントとかでも長い目で見ると効いてくるから。

自分がやってるインデックス投信はだいたい取引手数料は無料(ノーロード)で、信託報酬は0.5%より低いものしかやらない、と決めています。

結論:インデックス投信積み立て、長期運用

この自分なりに決めた5つのルールにのっとって、自分の投資スタイルは「余剰資金でインデックス投信を毎月積み立て、20〜30年の長期運用」です。

この5つのルールを満たしていればインデックス投信以外も試してみるかもしれませんが、メインはインデックス投信の積み立てで変わらないでしょう。

面白みも刺激もないものですが、それぐらいがちょうどいい。

あくまで「銀行に預けておくことのリスク」を回避するためにはじめたこと。この初心を忘れちゃいけない。

以上、自分の覚え書きがてらの自分なりの投資ルール紹介しました!

それでは、また。

(Visited 228 times, 1 visits today)