資産運用のための投資環境を整えよう。銀行&証券会社最強の組み合わせを紹介します!

資産運用の話、自分がなにをやってるかを紹介させていただきました。

5年間素人なりに考えてたどり着いた資産運用の形。投資先を公開します。
資産運用をはじめて5年、こんな自分なりのルールでやってるよ、という話をしました。 この5つのルールに従って資産運用をしています。 ...

しかし、資産運用をはじめるにあたり、証券会社に口座を開くなど投資環境を整える準備が必要となってきます。

そこで「具体的にどこでやればいいの?」というご参考に、今自分が具体的に使ってるところを紹介します!

結論から言ってしまうと「SBIネット銀行&SBI証券」の組み合わせが最強

ほぼそれだけで事足ります。

意外とシンプルだと思いませんか?

ネット専業なので口座開設などの手続きも簡単。

最強の組み合わせSBIネット銀行とSBI証券。

資産運用に興味があって、これから投資環境を整えていく方、参考にしてみてください!

最強の組み合わせ、SBIネット銀行&SBI証券

SBIネット銀行とSBI証券。

同じSBIグループの企業ということもあって連携が簡単なのですが、それ以前にSBIネット銀行、SBI証券それぞれが単体でもめちゃくちゃ使い勝手がよくオススメです。

まずは連携機能、「ハイブリッド預金」について紹介します。

SBIネット銀行&SBI証券連携「ハイブリッド預金」が便利すぎる!

SBIネット銀行「ハイブリッド預金」にお金を入れておくと、SBI証券の残高としてそのまま取引に利用できます。


SBIハイブリット預金-商品概要

SBI証券で株や投資信託などの商品を購入する際にそのままハイブリッド預金の資金が使えるほか、SBI証券で商品を売却した際にはハイブリッド預金に自動的に入金されます。

つまりSBI証券の残高は考えず、ハイブリッド預金だけで事足ります。

自分は年初、SBI証券で取引する一年ぶんの資金をハイブリッド預金に入れて、あとはSBI証券で月々自動で積立投資信託。

まったく手間はかからず、めちゃくちゃ便利です。

単体でもめちゃくちゃ優秀、SBIネット銀行&SBI証券

SBIネット銀行とSBI証券はハイブリッド預金で組み合わせて使えることが投資環境として大きなメリットなのですが、それぞれは単体でも使い勝手がよく、オススメです。

SBIネット銀行のメリットまとめ!

SBIネット銀行のメリットはたくさんありすぎて紹介できませんが、こちらによくまとまっています。

目次 目次 はじめに おすすめする理由1: 月1-15回まで振込手数料無料 おすすめする理由2: 定額自動振込サービスが無料で使える おすすめする理由3: 月2-15回コンビニATMでの引き出しが無料 おすすめする理由4: 預金の金利が高い おすすめする理由5: 預金確認や振込などがパソコンやスマホでもしやすい おすす...

中でも自分がオススメする大きなメリットとしては以下のものがあります。

・ATM手数料無料(ランクに応じて2-15回)
・振込手数料無料(ランクに応じて1-15回)
・定額自動振込サービス無料で使える(家賃振込などに使っています)
・目的別口座が作れる
・SBI証券と連動できるハイブリッド預金が使える
・ロボアドバイザーWEALTH NAVIと連携できる

SBI証券のメリットまとめ!

SBI証券はネット証券口座数No.1の人気の証券会社です。

こちらもメリットはたくさんありすぎて紹介できないほどですが、こちらに詳しくまとめられています。

SBI証券についてのメリットやデメリットを【ノマド的節約術】が詳しく説明しているページです。口座開設するとできること、得すること、実際に使ってみた感想・体験談をまとめました。ノマド的節約術とSBI証券がコラボした限定のキャンペーンもあります。

中でも自分がオススメする大きなメリットとしては以下のものがあります。

・SBIネット銀行との連携「ハイブリット預金」が便利すぎる
・ロボアドバイザーWEALTH NAVIと連携できる
・500円から積立投資信託ができる
・iDeCo(個人型確定拠出年金)の口座が開設できる
・豊富な商品ラインナップ
 投資信託、日本株式、外国株式、NISA、FX、商品先物など

最強の組み合わせ、SBIネット銀行&SBI証券。

資産運用をはじめるにあたり必要になる投資環境。

自分なりに考えた結果、SBIネット銀行とSBI証券の組み合わせが最強という結論に達し、実際にこれで資産運用をしています。

ただなんでもできるからといっていろんなものに手を出しているわけではなく、現時点ではこちらで紹介させていただいたもののみに絞っています。

5年間素人なりに考えてたどり着いた資産運用の形。投資先を公開します。
資産運用をはじめて5年、こんな自分なりのルールでやってるよ、という話をしました。 この5つのルールに従って資産運用をしています。 ...

最強の組み合わせ、SBIネット銀行とSBI証券の組み合わせ。

資産運用をはじめようと検討していて、投資環境をこれから整えていこうとされている方はご参考になさってください。

それでは、また。

(Visited 389 times, 1 visits today)