ヒゲ脱毛体験記。一ヶ月ぶんの無駄な時間を取り戻す!

突然ですが、ヒゲ剃りに使ってる時間ってめちゃくちゃ無駄な時間だと思いません?

いらないのに、どうせ剃るのに毎日毎日伸びてくるし。

特別濃い方ではないのですが、毎日毎日朝の貴重な時間をヒゲ剃りに使うのがめちゃくちゃ無駄だし億劫で。

1日に5分使ってるとして一年で300日ぐらい剃ってるとすると、

5×300=1500分=25時間!

1年で1日以上の時間をヒゲ剃りに費やしてるってもったいなくないですか?

これからの一生を考えると一ヶ月以上になりそうです。

なんて無駄なんでしょう。それも朝の貴重な時間に。

ヒゲ伸ばすことなんて一生ないので、もう要りません。

ということで、2年ぐらい前からヒゲ脱毛に通っています。

それなりに効果は出てきていてだんだん薄くなってきているので、体験レポートを。

ヒゲなんて一生いらない、と考えている方。

脱毛、検討してみませんか?

脱毛の施術ってなにする?

レーザーを対象の部位に照射し、毛根を焼く施術をします。

いきなりツルツルになるわけではありませんが、長期間にわたって施術を続けることでだんだん薄くなってきます。

施術の際はレーザーの光から目を防ぐためにアイマスクをして、バチッ、バチッとレーザーの照射を受けます。

若干焦げるような匂いがします。

今施術をはじめて2年ぐらいですが、確かにヒゲが薄くなる効果は出てきていて、今でも日々のヒゲ剃りの時間がだんだん短くなってきています。

ヒゲ、頬、首の3部位で、4年間回数無制限のコースにしています。

回数無制限といってもだいたい一回あたり2ヶ月ぐらい間を空けるので、年間6回。

処置は1回15分程度です。

4年間回数無制限で確か¥100,000程度だったと思います。

これを高いと取るか安いと取るかは人それぞれだと思いますが、私はヒゲ剃りにかかる時間を節約できることを考えれば、払う価値はあると判断しました。

ちなみに、痛いです。泣けます。

レーザー脱毛って痛くない?という印象をお持ちの方もおられるでしょう。

バチッ、バチッと照射を受けた箇所は軽く輪ゴムで弾かれたような感触がします。

アゴなど皮膚が厚い箇所はたいしたことはありません。

ただ、鼻の下あたりの敏感な箇所は痛いです!

まあ、痛み自体はそれほどでもないんですが、鼻の下という場所がね。

それほど痛くなくても涙が出てくるんですよ。

施術後アイマスクを取るとツーっと涙がひとすじ流れます…

でもヒゲを無くして無駄な時間を節約することを思えばこれぐらいの痛みは我慢します!

盲点。白髪になったヒゲは焼けません。

やってみてわかった思わぬ盲点。

白髪になってしまったヒゲは焼けない

黒いヒゲには効果が出やすいようでずいぶんと減って薄くなってきました。

しかし、白髪になってしまったヒゲは焼けずに残ってしまっています。

なので、伸びてくるヒゲの多くは白髪。

白髪なのであまり目立たないといえば目立たないのですが…

35過ぎてめっきり白髪が増えてきたとは感じていたのですが、ヒゲまで白髪が増えてきていたとは。

ということで。

ヒゲ脱毛は早めにはじめることをオススメします!

まだヒゲ剃りで消耗してるの?わずらわしさから解放されよう!

期間は半分(2年)残っていて、かつ白髪ヒゲが焼けないので残ってしまっている部分はありますが、ヒゲ剃りにかかる時間はずいぶん短縮されているので今のところ満足しています。

とりあえず残りの期間はやってみます。

ヒゲ剃りがまったく不要になるわけではなさそうですが、白髪ヒゲ以外がほぼなくなってくれればそれで十分かなと。

白髪が出てきてしまうと焼けないので、若い方は早いうちにはじめることをオススメします!

何十年と続く長い人生考えれば、使える時間1年ぐらい増えるかもしれませんよ。

それでは、また。

(Visited 164 times, 1 visits today)