午後の生産性が段違い。昼寝ってすばらしい。

私は「いつでもどこでも寝れる」という特技を持っています。

もはや才能といってもいいかもしれません。

というか、自分になにか才能があるとするなら、それはいつでもどこでも寝れることぐらいだと自負しています。

義足を履いたままでも、周りが多少うるさくても。

そして、起きようと思った時間に自然と目が覚めます。

その特技を活かして、昼休みはがっつり寝ます。

おかげで、昼過ぎに襲ってくる睡魔も回避できて仕事もはかどります。

昼寝ってすばらしい。

昼過ぎの眠気がつらい、という方はぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

昼過ぎの睡魔への対抗策

昼ごはんを食べた後ってどうしてあんなに眠いんでしょう?

年をとったせいか、ある時期から昼過ぎに襲ってくる睡魔に勝てなくなり、頭がもうろうとしながら仕事するのが辛くなってきました。

集中できないし、眠気と戦うのに必死で仕事がまったくはかどりません。

ガムを噛んでもコーヒーを飲んでも、栄養ドリンクでも強力な睡魔に太刀打ちできませんでした。

そこではじめたのが、昼寝の習慣です。

昼寝の時間は絶対死守

昼休みは1時間。

はじまったら一人でお弁当をさくっと食べて、寝ます。

昼寝の時間を確保するために、職場の人とご飯を食べに行くこともほとんどありません。

周りが多少うるさくても、義足を履いたままでも、テーブルに突っ伏してでも30分ぐらい。

私にとっては30分ぐらいがいいようです。

自席でも構わずに寝ますが、今の職場は畳敷きで掘りごたつの休憩所があって、昼寝をする環境としてはかなり恵まれていて自分にとってはうれしいかぎり。

私にとって、職場が変わったときの大きな関心事は「どこで昼寝できるか?」です。

打ち合わせが伸びたりして昼休みの時間がずれてしまっても、昼寝の時間だけは必ず確保します。

私にとっては、

昼寝 >>>>>>>>昼ごはん。

昼ごはんは食べれなくても、昼寝の時間は絶対死守。

昼寝で午後の生産性が段違い。昼寝ってすばらしい

ちゃんと昼寝の時間が確保できると、午後ほとんど眠くなりません。

昼寝をした場合としなかった場合では午後の生産性が段違い。

それぐらい自分のパフォーマンスは昼寝にかかっていて、なにものにもかえがたいのです。

また、こちらの記事によると、30分未満の昼寝をする習慣がある人は、昼寝の習慣がない人に比べて認知症の発症率が約7分の1になったとの報告もあります。

「14時頃に眠くなる人」が知らない睡魔の正体 | 健康

コーヒーやガムなどの眠気対策についても言及されていますが、私の場合は強力な睡魔には打ち克つことはできませんでした…

そうしてたどりついたのが昼寝。

ほんとに昼寝ってすばらしい。

どうしても昼過ぎ眠くなってしまう方、ぜひ試してみてください。

それでは、また。

(Visited 110 times, 1 visits today)