Ottobockが走行用パーツ試着!(Ossurもやってます)

Ottobockが走行用パーツ試着の取り組みをしています!

義足ユーザーが「走りたい」と思ってもハードルが高い大きな理由の1つが走行用パーツが高価であること。

各種補助の対象にならないため、何十万円もする走行用のパーツは基本自費です。
それが無料で試着できるそうです!

対象の部品は「3S80膝継手」「1E91ランナー」「1E90スプリンター」。
Popow選手、山本篤選手など、パラリンピックメダリストも競技で使っているパーツです。

私が履いているのは1E90スプリンター。
この板の部分がそうです。

20160925_05

なお、ライバルのOssurも格安でレンタルできる取り組みをしています。

パーツだけではなく装具士さんの支援も必要にはなりますが、こういった取り組みは義足ユーザーが走ることのハードルを下げ、より多くの人に走ることを取り戻す助けになると思います。

また、走る義足ユーザーの裾野が広がることは長い目で見れば競技レベルの底上げにもつながります。

すばらしいです!

こうした義足メーカーの取り組みが1つのきっかけになり、より多くの義足ユーザーが走ることを取り戻すことができることを願っています。

(Visited 62 times, 1 visits today)