渋谷のど真ん中、銀メダリスト山本篤が跳んだ!

体育の日、渋谷109の隣にトレーラー5台が並び、突然走り幅跳びのレーンが現れました。

そこに立つのはリオパラリンピック銀メダリスト、山本篤選手。

20161011_01

周りには近寄るのが難しいほどの人だかり。

そんな中、堂々と手拍子で観衆を煽り、山本選手が跳んだ。

6m30を超える大ジャンプ!

驚き、どよめきに包まれる渋谷の街。

力強くダイナミックな助走から、

20161011_02

大ジャンプ!高い!
まさに空を飛んでいます。

20161011_03

パラアスリートのパフォーマンスを生で見た人はほとんどいなかったでしょうが、

山本選手が大観衆の目の前で世界トップレベルのパフォーマンスを見せつけました。

つねづね、パラアスリートのパフォーマンスを多くの人に生で見てもらいたい、と思っていました。

今回の山本選手の跳躍は、それを目撃した多くの人に強烈な印象を残しました。

これは東京2020 12時間スペシャル内「TOKYOどこでも競技場@渋谷」企画。

今回は山本選手の走り幅跳びだけでなく、車椅子バスケ、ブラインドサッカー、ボッチャ、車椅子ラグビー、車椅子テニスなど、多くの競技のイベントが開催されました。

これを一つのきっかけに、パラスポーツへの関心が高まることを願っています。

また、このような素晴らしい企画が2020年に向けてどんどん増えてきます。

ぜひ参加してパラスポーツの魅力に触れてください!

(Visited 207 times, 1 visits today)