第29回日本外傷学会総会。「患者目線の医療」パネルディスカッション登壇。聞いてませんでしたが…

第29回日本外傷学会に参加させて頂きました。
 
切断した場合の患者の予後を知っておくべきだ、という大会長の新藤先生の思いがあり、一昨年に続いて呼んで頂きました。
 
今回、会場は北海道。
初北海道上陸です。
20150620_01

学会会場は札幌コンベンションセンター。

20150620_02

大きな会場です。4人の義足ユーザーで「患者目線の医療」というテーマでパネルディスカッション。
パネルディスカッションに出ることは前日の夜初めて聞かされたわけですが…まあいいやーって感じですw

20150620_03
それぞれの経験、思いを語り合いました。
みんな話うまいなーと思いながら喋ってました。
義足の4人は左から、
村上清加:大腿義足アスリート
鈴木徹:下腿義足(走高跳)アスリート、パラリンピック4大会連続出場
角晃一郎:大腿義足、義肢装具士
野田隼平:股義足
20150620_04
パネルディスカッションでは鈴木君の「義足の感覚が鋭くなってきていて、どこを触られたかわかる」という話は自分も同じで、年々感覚が鋭くなってきていると思います。
この話は興味深いのでまた書きます。

それから、プレゼンターとして登壇者の方に記念品の贈呈係をしたり、会場内を普通にうろうろしたり。
「それだけで義足を使っている患者さんがどういう経過をたどるか伝わる」、という新藤先生の意図があったようです。
 
実際、会場内ではたくさんの先生方に声をかけられ、お話をさせて頂きました。
夜は先生方との食事。
外傷に関わる先生方は、脚を残すか落とすかという選択を迫られた際の葛藤を常に抱いておられます。

義足ユーザーの自分にできることは、切断した場合こういう形になるという一例を示すことで、医師あるいは患者さんが、患者さんにとってよりよい選択をするための情報を提示することだと思っています。

 
そして、嬉しいことに自分の事故当時の担当医の先生も学会に参加されていて、ゆっくりお話することもできました。
20150620_05
先生方は命を繋ぎ止めてくれた、自分にとってのヒーロー。
 

当時のこともよく覚えてくださっていて、当時の思いについてお互い語り合いました。
どれほど言葉にしても足りないぐらい、感謝でいっぱいです。

改めて、ありがとうございました。


貴重な経験をさせて頂いて、自分にとっても今回の学会は実り多いものでした。
関係者の方々、どうもありがとうございました。

そして、北海道です。
食も満喫してきました↑

毛ガニ。でかい。

20150620_06

刺身。新鮮。

20150620_07
ジンギスカン。
20150620_08
海鮮丼。空港でこのクオリティ。
20150620_09

最終日は臼井さん、梅澤さんと一緒でした。

20150620_10

北海道、いいとこでした。
また来たい。ただし雪がない季節限定。

(Visited 137 times, 1 visits today)