◇プロフィール&当ブログ「それいけ股義足」について
  ◇義足についてはこちら→義足
  ◇その他興味があることはこちら→雑記
  ◇お問い合わせはこちら→お問い合わせ
  ◇よく読まれている記事はこちら
  ◇Facebookページはこちら

アリゾナの大会に出場した義足の少年が、想像をはるかに超えて凄まじかった!

アリゾナで開催されたDesert Challengeでは、子どもの部がありました。

6歳以下、7-10歳、11-13歳、14歳以上の年齢別に、大人と同じクラス分けで競技が行われました。

競技結果に「Boy」「Girl」の表示があるのが子どもの部です。

Wingfoot Finish

WingfootFinish

パラスポーツの大会で子どもの部があるあたり、アメリカ進んでいますねー。

日本の大会でも子どもの部やってはどうかな、と思います。

ところで、以前紹介したこの少年。

少年が見せてくれた可能性。義足でどこまでいけるのか?

大腿義足でハードル、走高跳、バスケ、アメフト、水泳などをこなすとんでもない可能性を見せてくれた少年Frech Ezraです。

Desert Challengeで子どもの部があると気付き、結果を探して見たところ。

出場していました。

こちらの動画に少しだけ競技の様子とインタビューが写っています。

しかも、12歳で想像をはるかに超える結果を残していました…

語彙力がない表現で恐縮ですが、ヤバいです。

驚異の記録

まずなにが凄まじいかというと、そのエントリーしている種目数。

トラック競技から跳躍競技、投擲競技までほぼ全て、7種目に出場しています。

こんな選手、大人ではまずいません。

それでは結果を見ていきます。

トラック競技

60m 10’22(-1.2)

100m 16’85(-1.7)

-1.7mの強い向かい風の中、100mでT42女子の日本記録を上回る記録を叩き出しています…恐ろしい。

1年近く前の別の大会ですが、彼が走っている動画もありました。 

12歳とは思えないいい走りです…

跳躍競技

走高跳 1.27m

走幅跳 3.27m(-1.6)

なんでしょう、大腿義足を履いたままでこの華麗な背面跳び…

投擲競技

円盤投 17.29m

やり投げ 26.06m

砲丸投げ 7.95m

投擲までこなしています。

T42大腿義足で投擲種目に出場しているのは、日本では眞野雄輝選手だけですが、ほんとになんでもやっちゃうんですね。

いつかパラリンピックで

驚きました。

12歳の少年でここまでの記録を残していること、そしてこれだけ多くの種目に挑戦していることに。

彼の姿は義足の子どもにとって、勇気付けられるものになるでしょう。

彼はパラリンピックに出たいと話しているようですが、なんでもできちゃうだけに、これから何を目指すんでしょうね。

陸上以外の選択肢もあるでしょう。

東京パラリンピックでは彼はまだ15歳で早いかも知れませんが、2024年にはパラリンピックで彼に会えるかもしれません。

Frech Ezraの名前を覚えておいてください。

また、出場していた義足の選手は彼だけではありません。

他にも多くの子どもたちが出場していて、驚くほどの好記録を出しています。

いつかパラリンピックで彼らの姿を見ることになるでしょう。

その時を楽しみにしています。

それでは、また。

(Visited 105 times, 1 visits today)