10年。

事故にあって脚をなくしてから10年経ちました。

ふと時計を見たら事故にあった時間ぐらいで、ちょうど10年前の今ごろはきっと電車の車輪の下で血まみれだった頃だ。。。なんて生々しいことが頭をかすめたりもしましたが。

もはや今さらなにかを感慨深く思うこともなくなりました。

10年もあれば人生がらっと変わってもおかしくないぐらいの時間ですが、事故にあって脚がなくなったってことを含めても、それぐらい変わってもおかしくないなと思う範囲。

個人的には脚がなくなったことより結婚したことの方がよっぽど大きなできごとです。

それぐらい義足で生活していることがあたりまえの日常のことで何も思わないぐらいになってるのはありがたいことなんでしょうね。

この歳になれば、仕事だって家庭だって健康だって考えることはいろいろあるわけですが。

まあ人並みに。誰だってそうでしょう。

10年経ったといってもなにも変わるわけでもなく、今日は休んで明日は仕事。

変わらない毎日を過ごしています。

(Visited 447 times, 1 visits today)