質問箱回答まとめてお届けします。(2018年12月)

設置している質問箱。

ブログ「それいけ股義足」: ご質問お答えします。 ブログで書いて欲しいネタも大歓迎。 ジャンルは制限なく、なんでもいいです。 匿名の質問用なので、個人情報(お名前、メールアドレス、電話番号など)は書かないでください。 ご質問はおもにTwitterでお答えします。 メールでのご相談などをご希望の場合はブログのお問い合わ...

いただいた質問にはTwitter(https://twitter.com/junpeee_)で回答してるんですが、こちらでも紹介します。

これからは溜め込まずにこちらでも随時紹介していこうと思います。

義足について

股義足ってソケットを腰に巻きつける構造なんで、やっぱりお尻周り腰周りが一回り大きくなっちゃうんですよね。

最初はそれまで履いてたズボンが履けなくなっちゃったんですが、だんだん断端が痩せくるのと、毎回小さく、小さくとお願いしていて、今では前とほぼ変わらないサイズのパンツが履けるようになりました。

よく「ソケット小さい!」と驚かれますし、自分でもちっちゃいなーと思います。

ただし仮義足はとにかくリハビリ進めることが最優先なので、こだわりすぎるのは避けた方がよいです。

時間かけられる本義足以降で自分の納得いくように要望は伝えた方がいいと思います。

恋愛について

義足になったばかりで付き合っていた人とも別れ、今後の恋愛面で希望が持てないという質問者さん。

難しいテーマでとても140文字では回答しきれず4連投で回答しました。

質問者さんからその後メッセージいただいて、前向きになれたと言ってもらえたのでよかったよかった。

旅行について

義足の彼と温泉旅行にいくという質問者さん。

やさしいですね。

いろいろ気になりますよね。自分も最初は杖持って行った方がいいかとかいろいろ考えましたけど、今では特別なことはほとんどしてないです。

「障害は個性」というとらえ方について

質問者さんがどういう経緯でこの質問をお寄せになったのかはよくわかりませんが、私はこう考えています。「個性」って本来はポジティブでもネガティブでもないただの特徴を指す言葉なんですけど、ポジティブな意図で使われることが多いんですよね。

私自身は障害はポジティブなものだとは思っていなくて。不便だし。

ただ障害者本人がそれで前向きになれるのならそれはいいんじゃないかな、思います。

また回答したとおり障害そのものは個性ではありませんが、障害を持ちながら生きていく中で身につけた考え方や表現の方法は個性と言えると考えています。

腰痛について

義足はやっぱり腰にきます。

それなりにケアしてるつもりですが今年はずっと腰の調子悪いです。

本当に無理な時は義足も履かずに休みますが、慢性化しちゃったらたとえば車で通勤するとか、動かなくていい時は義足脱ぐとか、松葉杖使うとか、より負担のかからない生活の仕方を考えたりすると思います。

とまあ、こんな感じで回答してます。

義足にかぎらずとも幅広く回答していこうと思っているので気軽に質問ください!

これからはこちらでも回答共有するようにします。

それでは、また。

(Visited 155 times, 1 visits today)