リーズナブルに義足仕様のビジネスシューズを手にいれる方法。

これまで、「義足ビジネスシューズ問題」を解決するために、2つの方法を紹介させていただきました。

・既製の靴のオールソール交換
・完全オーダーメイド、ビスポーク

「義足でビジネスシューズ問題」ひとつの解決策。オールソール交換。

「義足でビジネスシューズ問題」もうひとつの解決策。完全オーダーメイド、ビスポーク。

これらの方法で、これまでとは比べものにならないぐらい快適に過ごしています。

しかし、この2つの方法には1つ問題がありました。

それは「高いこと」です。

「オールソール交換」で作った一足は元々がかなりいい靴だったので、オールソール交換の工賃と合わせるとおよそ7万円程度。

「完全オーダーメイド、ビスポーク」は別格で何十万円です。

これまで長年悩んできたことを考えると、それだけの値段に見合うだけの価値はあると納得していますが、今回「リーズナブルに歩きやすい靴」に挑戦してみました。

今回も相談したのはオールソール交換でお世話になったTrading Postさん。

Trading Post 青山本店

ベースとなる方法はオールソール交換で、できるだけ安価な靴を手に入れて持ち込むことにしました。

どんな靴が適しているのか相談してみたところ、靴の製法によって耐久性に問題が出る可能性があるのだそうです。

具体的にいうと、紳士靴にはグッドイヤーウェルトとマッケイという製法があります。
耐久性からグッドイヤーウェルト製法の靴がオールソール交換にはオススメとのこと。

製法の違いについては以下のサイトにわかりやすくまとめられています。

靴箱/(番外)グッドイヤーウェルト vs マッケイ – 仕事で書いたメモ帳の裏

ただし、グッドイヤーウェルトの靴はマッケイの靴に比べると比較的高価。
そこで、グッドイヤーウェルトで比較的安価な靴を探しました。

2万円を切るものはなかなかないのだそうですが、見つけました。

スーツセレクトです。

【SL】イタリアンカーフ ストレートチップドレスシューズ/ブラウン/グットイヤーウエルト製法

これを持ち込みオールソール交換、やってもらいました。

完成したのがこちら。

上が改造前。下が改造後です。

改造前は普通のかかとの高い靴ですが、前回同様できる限りフラットな靴底に仕上げてもらいました。

これで歩いてみると。

歩きやすい。
まったく問題ありません!

リーズナブルに、と言いながらも合わせて3万円台後半にはなってしまったのですが、私が見つけた限りでは今のところこれが最安ですね。

もしより手頃な方法があれば教えていただきたいです…

こうして、3足目の義足仕様のビジネスシューズ、手に入れました。

個人的にはビジネスシューズは3足で十分かな、と思っているので当分困りませんね。

私の中での義足ビジネスシューズ問題、これで一旦解決しました。

参考にしていただければ幸いです。

それでは、また。

(Visited 309 times, 1 visits today)