【エイプリルフール】長年の悲願。シコがふめるようになりました。股義足史上初の土俵入りへ。

【追記:エイプリルフールネタです】

股関節から切断した私にとって物理的なハードルが極めて高く、不可能だとなかば諦めていたこと。

シコをふむ。

しかしどうしてもあきらめきれず、協力してくれる仲間と工夫を重ねた結果、長年の悲願だったシコがふめるようになったことをご報告します。

極めて高いハードル

股義足は構造上、股関節が前後にしか動かせません。

シコをふむには股関節を横に開く動作が不可欠。そのため構造上、極めて高いハードルがありました。

そのハードルを、長年あきらめず協力してくれる仲間とともに工夫を重ねることで、横に開く動作が可能になりました。

外装をつけるか、つけないか?

もう一つ、頭を悩ませる問題がありました。
それは外装をつけるかつけないか。

外装を外した方が義足をアピールでき、見た目にインパクトがあります。

しかしここで問題が発生。

外装をつけないと、足の付け根部分が骨組みだけとなってしまい、まわしがずれてしまう可能性が非常に高い。

まわしがずれる…これはご開帳の大惨事。
逮捕されかねません。

ということで、やむを得ず外装を付ける選択をすることにしました。

股義足史上初の土俵入りへ

こうしていくつものハードルをクリアし、土俵入りの準備が整いました。

股義足史上初の土俵入り。

ぜひ多くの方に披露させていただきたい。

いざ大分場所へ。

乞うご期待。

(Visited 72 times, 1 visits today)