大分パラ陸上、200m走ります。

それは1枚のハガキからはじまった

ある日、1枚のハガキが届きました。

5/6に開催の大分パラ陸上。

今シーズン国内のIPC(国際パラリンピック連盟)公認試合の緒戦にして、自分にとっても今シーズンの緒戦となります。

5/6の1日だけの開催であることや、最近の状態から考えて、100m一種目だけのエントリーとしました。

そして届いたエントリー通知。

200mエントリーされてる!

その瞬間、生命の危険を感じざるを得ませんでした。

いつだって200mは後悔してた

ベストな時でも、200mは「なぜエントリーしてしまったんだ…」と走る前からゴールするその瞬間まで後悔してました。

一番走れてたこの頃だって、ずっと後悔していましたとも。

それほど自分にとっては長く険しい道のりなんです。

今の状態でまともに走りきれるとはとうてい思えない。

この数日、本気で棄権しようかと、いや、手違いじゃないかとエントリーを確認してもらおうかと迷いました。

200m、走ります

しかし、ここで引き下がるのも、なにか日和ってる気がして。

手違いでも、自分の勘違いでもどっちでもいい。

こうなったのもなにかの機会。やってみるかと思うようになりました。

もし撃沈したところで、ちょっとの間苦しくて、ちょっと情けないぐらい。

それぐらいたいしたことない。

決めました。200m走ります。

かつて200m走ったときのゴール直前。ボロボロです。

今回はもっとボロボロでしょう。

というか、ここまでたどり着けるんでしょうか。

1日開催の大分パラ陸上、せめて100mが先であって欲しい。

200mが先なら100m撃沈確定。

骨は拾ってください。

(Visited 63 times, 1 visits today)

コメント

  1. 井上洋介 より:

    哲郎があなたの話をする時はほんとにうれしそうです。楽しかった思い出となるよう頑張って下さい。哲郎の小中高の同級生