すべてのパンツは消耗品である。「義足パンツ問題」私が出した答え。

またやってしまいました。

スーツのパンツがぱっくり裂けました。お尻がもろに見えてしまう状態。

見えるのはソケットですけど。

股義足は激しくパンツが痛みます。
大腿義足も硬いソケットがイスにすれそうなので結構痛みそうですね。

いろいろ考えて対策は考えてきたし、パンツは消耗品だと割り切っていましたが不十分だったようです。

「義足パンツ問題」もう一度対策を考え直してみます。

とにかくパンツが破れる

今回破れたスーツのパンツ。

2パンツスーツだったんですよ。

それがこれ。

2枚とも無残な姿。

それも、2枚目のパンツは数ヶ月しかもちませんでした。

そこで、もう一度対策考えてみます。

01. 補修布をあてる

破れるのは、硬いソケットとの摩擦に生地が耐えられないせい。

そこでピンポイントで痛みそうなところにパンツの裏から補修布をあてて強度を補います。

これは前からやっている対策で、ある程度効果はありそう。

こういうやつです。

ある程度強度を増せるのでやったほうがいい気がします。

しかし、今回破れたのは補修布があてられないポケットの脇。

これだけでは防げない。

02. 3シーズンスーツ

今回破れたパンツはよく見ると夏物でした…

夏物スーツはすかすと透けるぐらい生地が薄い。

生地の強度が弱いので、補修布で補強してもその周辺は薄い生地のままです。

これが今回破れてしまった根本原因な気がします。

ということは夏物より生地が厚い、春秋冬の3シーズンスーツになら、ずいぶんましになるはず。

夏の職場はクールビズでスーツ着ないし、スーツは3シーズンスーツにするでほぼ問題なさそう。

03. ジャケット&パンツスタイル

スーツは上下がセットなので、パンツが破れて修復不能になると上はもう着れなくなります。

これもったいない。

いっそ上下が別々にジャケットとパンツのスタイルにすれば、パンツが破れたってジャケットは着続けられるし経済的では?

ジャケットの着こなし|押さえておきたい王道コーディネート集

これはいい解決方法の予感。

なぜ今まで思いつかなかったんだ…

「義足パンツ問題」私が出した答え

3点「義足パンツ問題」対策を考えてきました。

とはいえ、ソケットでパンツが痛むのは避けられず、「パンツは消耗品」という事実は変えることができません。

しかし、紹介した3つの方法を組み合わせることで、かなり改善が見込めるのではないでしょうか。

  • 補修布をあてる
  • 3パンツスーツ
  • ジャケット&パンツスタイル

これが「義足パンツ問題」に対する私の答え。

ぜひ、試してみてください。

自分もパンツやぶれたことだし服買いに行きます。

それでは、また。

(Visited 447 times, 1 visits today)