過去最強レベルの幻肢痛と戦った1日を実況形式で!苦しい戦いだった…

2017年5月24日(水)20時半。

現在、過去最強レベルの幻肢痛に絶賛襲われております。

真っ昼間からひどい幻肢痛を感じることはほとんどなくて、この感覚忘れてました。

義足で日常生活をおくるようになって8年経ちますが、今日は最強レベル。

じっとしていられないし、ズキッと痛みが走ると「うっ」と思わず体が動いてしまうほど。

家で一人でいると、叫びたくなるぐらい。

今もなお激痛に襲われまくっています。

言わせてもらっていいですか。

めっっっっっちゃ痛い!!!!!

「気にしない」「別のことに意識を向ける」という対策を紹介させていただきましたが、今日レベルの激しい幻肢痛では無理っす。すみません。

幻肢痛と幻肢。自分なりに見つけたとらえ方と対策をお伝えしたい。
義足生活まとめ→ 切断者が多くの場合経験する、幻肢。 幻肢とは、切断した部位が存在するように感じることで、そこに痛みを感じることを...

私がこんなに痛い痛い言ってるのはほんとに珍しいことなんですが、あまりにも激痛でほかのこと何も考えられないんで、過去最強レベルの幻肢痛と戦った1日を振り返り、時間が追いついたら実況形式でお届けします。

あまりに痛かったんで乱筆・乱文失礼します。

なんか痛いしか言ってない気がしますが、ほんとにたまにのことなのでご勘弁を。

毎日続いたらさすがにつらいかもですけど、自分的には「こんなこともあるんだー」レベルです。

【8/25朝追記】

しかし、幻肢痛がビチビチきている中でもいつもどおりぐっすり眠っていました。

自分の鈍感力に感謝です。

午前中〜14:00ごろ:いつもどおり、普通。

今日はいつもどおり朝9時ぐらいに出勤。

午前中は特に幻肢痛がきてた覚えもなく、普通に仕事してた。

12時昼休みになって、いつもどおり昼食後に休憩スペースの掘りごたつでテーブルに突っ伏して昼寝。

うん、いつもどおり。

昼過ぎ仕事に戻り、打ち合わせで使う資料の更新とかしてた気がする。

まだ痛くなかった。

14:00〜:幻肢痛がやってきた

この時間帯から幻肢痛が襲ってきてた気がする。

徐々に幻肢痛を感じはじめて、15:00からの打ち合わせの時には喋りながら結構痛かったのを覚えてる。

ソケットの中で断端をピクピク動かしてみても効果なく、トイレに駆け込んで義足外して断端マッサージしてみても効果はあまりない。

むしろまた義足履き直すとさらに痛みが増してるような気さえした。

さらに16:00から打ち合わせ。

この時は完全にじっと我慢の子。じっと座っていることも辛くなってきて、体勢変えたり脚組み替えたり、落ち着いて座ってることが難しくなってきた。

18:30:もう座ってられない、帰宅

幻肢痛はどんどん強く、頻度も増してきてもはや机にじっと座っていることも難しい状態になってくる。

そんな状況で仕事が手につくはずもなく、こんな感じ。

もう限界。

今日やりたいことはまだ残ってたけど、集中力を失ってしまっていたので、諦めて退社。

明日の自分に期待。

20:00:帰宅。まだまだ幻肢痛との戦いは続く

もはや断端が麻痺したような感覚になっていて、帰宅しようとするも幻肢痛の影響でまったくうまく歩けない。

20時ごろ帰宅し、今に至る。

そして義足を脱いでも激しい幻肢痛は止まらない。

帰ってきてからこちらで紹介した「断端をあっためる」対策を開始。

幻肢痛対策、断端をあっためてみるとよいかも。
体の一部を失った人の多くが苦しめられる症状、幻肢痛。 義足ユーザーの場合、足のなくなった部分に痛みを感じることになります。 悩んでおられ...

うん、少しはましになってきたような気がする。

やはり「断端をあっためる」対策はこの最強レベルの幻肢痛に対しても有効性が確認できたかと。

およそ半日ずっと最強レベルの幻肢痛と戦って疲れました。

今は時間も経って午前0時。

そろそろ、寝床につきます。

眠れるかどうかはわかりませんが…

激しい幻肢痛の中でも眠れてしまう。自分の鈍感さに感謝

【5/25朝追記】

あっためて多少ましになってきてましたが、寝床についた後も幻肢痛はきてました。

それでも眠れなかった印象はなく、ほどなく眠りについたようです。

やはりこの投稿のとおり、激しく幻肢痛がきていても自分は眠れちゃうようです。

よめは見た!幻肢痛の新事実。
悩まれている方が多く、何度か取り上げている幻肢痛とその対策。 このたび、新事実が明らかになりました。 まず、これまで取り上げた幻...

なんてお得な体質(?)を持っているんでしょう。

自分の鈍感さに改めて感謝。

なんか痛いしか言ってなくてすみません!

ほんとにこんなことは8年間過ごしてきて、はじめてレベルです。

こんなこともあるんですね。

今日もまた幻肢痛に襲われないことを祈りつつ、今日も仕事です。

それでは、また。

(Visited 588 times, 1 visits today)

コメント

  1. CRANKY より:

    またコメントさせてもらいます。 「幻肢痛」~こいつには自分も悩まされたことがあります。 普段なら30分で行ける距離の所で急に断端に激痛が走り、
    その場から1歩歩くことさえ困難になりました。 その時家には誰もいず、ガードレールや金網などを伝いながら、4時間かけてやっと家にたどり着いたことがあります。 その時は本当に参りました。

  2. 気絶太郎 より:

    初めてコメントさせて頂きます。
    自分も13年前に左足下腿義足になり幻肢痛と戦っております。
    最初医師には1~2年でほぼ感じなくなると告げられておりましたが、
    13年経った今も年何回か激しい幻肢痛に悩まされております。
    大体なり始めは断端が痺れから始まり酷い時は1秒刻みで48時間続いた事も有ります。
    最後は幻肢痛が収まってないのに気絶と痛みによる覚醒が乱発し気が狂いそうになります。
    これは稀ですが年数回起きております。
    早く無くなって穏やかな日々が訪れる事を切に願います。
    古い記事にコメントしてしまいご迷惑お掛け致しました。

    • 野田 隼平 より:

      いえいえ。
      年何回か、ぐらいの頻度ならけっこうきついのくることありますね。
      先々週ぐらいひさびさにきついのきて悶えてました。。。
      あっためると多少は軽くなる気がするので、きついのきたらカイロ貼ったりしてますー。